高はしがくしゅう塾ブログ

塾長のブログです

恐怖のデジタル脳

 例えばカーナビを使うことを考えよう。自分の現在地、進行方向、目的地が表示され、間違いなく目的地に到達できる。便利なものである。科学技術の進歩は事ほど左様にすさまじいものがあり、今や人工頭脳の登場も時間の問題である。さて、そこでなのだが、これって本当にいいことなのだろうかと一抹の不安を覚えるのは、私だけであろうか。私たちのコアの部分に近い何かが奪われかけているのではないかという不安である。私はドライブが好きである。事前に地図であっさりと目的地までの道程を確認し、出発する。川筋や山で現在地をアバウトに確認しながら、気分で車を走らせる。横道大歓迎。細い道もちゅうちょしない。失敗も多い。遠回りなどはよいほうで、ある時は農家の玄関で行き止まりというのもあった。ストレスに感じる向きも多いと思うが、予想しない発見や出会いがあるので、私は死ぬまでこのやり方を止められまい。山の中の小さなクリーク、巨木の森、親切に道を教えてくれたおばあさん、廃校の木造校舎。素敵なものにいっぱい出会った。カーナビは便利さと引き換えにそんな偶然の出会いを人から奪ってしまうのかもしれない。

 教育に関してはどうだろうか。デジタルな時代を生きる子供たちはすぐに答えをほしがる傾向にある。道筋を立てて考えるのが苦手なようである。周りがこれだけ便利であれば勉強だけが便利でないのは彼らには耐え難いことなのだ。彼らはパターン化が好きである。無味乾燥な単語の暗記に修行僧の如く励む。一方で証明などの論証問題は苦手である。折角の英語のテキストも読んで訳すことをせず、テストのために配布された訳を覚えるのだ。これでは思考力は養成されないし、コミュニケーション能力にも不安があろう。まずは教科書をきちんと読むことから始めてはどうだろうか。すぐに点には結びつかないかもしれないが、いっぱいいいことがあるはずだ。回り道をすることは悪いことではない。予期せぬ、偶然の出会いこそ人生の醍醐味と言えよう。当塾では自立した人格の形成を目標としている。成績は勿論よいにこしたことはない。だが、成績は決して人間の生きる目的にならないのは自明のことである。成績が評価されるのは大学入試までであり、大人になって成績を自慢する者など、自分が一生懸命に取り組むべき大切な何かに出会えなかった不幸なやつということになる。だから勉強はおもしろい。知らないことを知るのは楽しい。できなかったことができるようになったのは快感である。生徒たちにこんな風に考えてもらえれば、うれしい限りである。