高はしがくしゅう塾ブログ

塾長のブログです

冬期講習を終えて

1月の新みやぎ模試の結果がでた。冬期講習がどの程度効果を発揮したか、楽しみにしていたのだが、ある意味で満足であり、またある意味では不満の残る結果であった。成績は全般的に言えば伸びている。当塾の指導の進め方、指導時間の設定など、あり方としては正しい方向に向かっていることの証左である。よその塾からすればうらやましい限りの結果であろう。何しろ中2を例にとれば塾平均が県平均+20点、5教科合計450点のところに3人いるのだから・・ 

しかし、留意すべき点がある。点の伸びが生徒個々人で違うところである。伸び悩む生徒のケースは、勉強というよりもその原因は生活習慣にある。あるいは倫理観にある。

成績の奥に生徒各自の私的な、精神的世界が広がっている。ここにアプローチしなければ真の解決はないと思うのだが、本音を言えば「重いなあ」である。私塾という何の権威もない自分が向き合うには、なかなか骨の折れる課題だか、せめて通塾してくれる生徒たちには目いっぱいのエネルギーを届けたいと思っている。

いよいよ入試本番だ。がんばれ中3生。

広告を非表示にする