高はしがくしゅう塾ブログ

塾長のブログです

実力テストの平均点の下がり方がすごいぞ。 学力低下は確実に深化している。-------さて、その原因は?

スマホでラインやったり、ネットで動画を見ている時間が長すぎる。ひどいのは依存症の域にまで達しているのかもしれない。遊んでばかりいては大人にはなれないし、心地よい時間だけ過ごしていても大人にはなれない。  
対処法)物理的にパソコン、スマホの使えない環境の中で、学習すること。子供部屋は誘惑の宝庫、いろいろなマシーンがありすぎて、集中するのはむずかしいかもしれない。
☆教科書がむずかしくなり、量も増えた。今までと同じ学習量でこなせないのは当たり前である。学校の定期テストはできるけれど、みやぎ模試では点が取れないという生徒が増えているが、むずかしくなった教科書に適応していない証左である。
 対処法)定期テストの結果は勿論だか、できればもっと上のレベルで自分の学力を診断すること。みやぎ模試を受験するのもよいだろう。そこから、何を、どのように、どのくらい勉強すればよいか計画を立て、実行すること。最終的にものをいうのは実力だ。
☆テレビ脳、ゲーム脳、さらにはカーナビ脳。コンピューターがコンピューター言語で様々な作業をこなすのと同様に、日本人の脳は日本語によつて機能している。その大切な脳が幼児期からのテレビ漬け、ゲーム漬けの状態であればどうであろうか。言語能力の発達に影響がないとは言えないであろう。そして、それは思考力、読解力など様々な能力に影響する。社会が苦手という生徒が実は国語が苦手で、設問の意味が分からなくて、的外れの答えを書いていたというケースも多い。 
 対処法)とにかく嫌がらず読書、読書、読書である。歴史物や推理小説など、最初は読みやすいものから始めよう。習慣になればしめたものである。国語だけでなく他の教科もぐいぐい伸びるはずである。
☆学びの目的を履き違えている。定期テストの前に徹夜で試験勉強をしたと誇らしげに語る中学生がいるらしい。これは決してほめられたことではない。おそらく大人になる前につぶれてしまうのではなかろうか。テストでよい成績を収めるのは、単なる到達度確認であり、学びの目的ではない。学びはゲームをクリアするのとは違うのだ。
 対処法)学習内容を興味を持って考える習慣を身につけること。理科や社会なら親と話し合うのもよい。親子間で新しい発見があるかもしれない。数学で言えば、公式に数値を代入して答えを出してもそれは数学ではない。その公式がどのように導き出されているのかを考えるのが数学なのだ。基礎が身につけば各教科本来のおもしろさが体感できるはずである。