高はしがくしゅう塾ブログ

塾長のブログです

新みやぎ模試連絡会に参加して

宮城県の高校入試の志望校決定に向けて、豊富なデータ量を持ち、塾としても大いに参考にさせていただいているのが、新みやぎ模試である。中3生の半数以上が受験する模試である。その新年度に向けての説明の会議に参加した。年に一度旧知の塾の先生たちにお会いし、現場の生の声を拝聴するのはうれしいことであり、また、塾の運営に参考になる意見にであうこともあり、なかなか貴重な機会だと思っている。

今年の会も様々なご意見を頂戴した。特に各塾長先生たちが悩んでおられたのが、学力低下への対応である。白石だけではなく仙台も含めて全県的な問題になっていると改めて感じた次第であるが、これは週2回の限られた塾の指導時間では解決はむずかしい。勉強時間が少ないので学力低下が起きているのだから、解決策は物理的に学習時間を増やす以外にはないのである。効率的な学習なんていうのは大嘘だ。時間はかかるのである。その意味で当塾では、演習ゼミという形で問題演習の時間を週4時間ほど設けている。結果は威力抜群、生徒の伸びは目を見張るものがある。何人かの先生には、当塾の取り組みを具体的に説明させていただいた。

会議の後の懇親会も楽しく過ごさせていただいたが、何人かご欠席の塾長先生がおられたのは残念であった。体調は大丈夫だろうか。受験日直前なので疲れがたまっているのではなかろうか。余計なことと一笑にふされるかもしれないが、帰りの新幹線の中でふと心配になってしまった。